メンズ

うつ病はどのような病気なのかチェックすることが大切

治療法と検査法

カウンセリング

うつ病の治療方法や検査方法は多様化しています。どのような治療方法と検査方法があるのかチェックしてみましょう。基本的にこの病気の治療には薬物治療が用いられてきました。薬物治療は大きな効果が期待できますが、副作用などのリスクも伴う方法です。現在では薬物治療に変わる治療法の研究が行われていますのでチェックしていきましょう。一般的に薬物治療と共に有名なのが心理療法です。カウンセリングを中心とした治療で、効果はカウンセラーの力量に左右されることがあります。また、感情をコントロールしてストレスを軽減させる認知行動療法も有名です。これら従来の治療方法とは別に新しい治療方法や検査方法が研究開発されています。まずうつ病の新しい治療方法としてチェックしておきたいのが、磁気刺激治療法です。これは8字型の電磁石によって急激な地場の変化を生み出します。脳の活動を回復させる為に、脳に直接刺激を与える治療方法です。磁気刺激治療法は前頭葉部分にピンポイントで刺激を与えることができ、副作用も殆どありません。症状が回復するメカニズムは解明されていませんが、施術後に脳内の血流量が増えるのでこれが症状の回復に役立っていると考えられています。治療時間は約十分程です。また、現在国内では保険治療として認可を得ていないため、保険は適用外の治療方法になります。さらに磁気刺激治療法はうつ病以外にも、神経疾患の治療に活用されているのでチェックしておきましょう。そして、新しい検査方法として注目されているのが光トポグラフィー検査です。これは近赤外線を頭皮に照射し、前頭葉や側頭葉の血流が増加するかを測定します。うつ病特有の血流パターンであるかどうかをチェックするのです。これまでは心療内科や精神科の医師の問診によって病気かどうかを判断していましたが、光トポグラフィー検査を利用することでより診断制度が上がると言われています。検査時間は15分程と短く、患者は専用のヘッドセットをつけて検査するのです。患者は「あいうえお」などの発音を繰り返し、簡単な質問に答えます。考えて言葉を発すると血流量が変動して病気かどうかの検査ができるのです。基本的に健常者の場合は血流量がすぐに上昇し、高い値を維持します。うつ病の場合は血流量が殆ど上昇しませんのでチェックしましょう。双極性うつ病の場合はゆっくりと上昇し、統合失調症なら不規則に上がったり下がったりします。