メンズ

うつ病はどのような病気なのかチェックすることが大切

違いとは

白衣の人

うつ病について知っておきたいことの一つが、うつとうつ病の違いです。似てはいますが、違うものなのでしっかりとチェックしておきましょう。基本的にこの病気には様々な病態があるのです。季節によって発症するタイプや、精神的な症状よりも身体的な症状が先に現れるタイプなどが有名でしょう。また、最近では特定の場所やタイミングによって発症するタイプもあります。これらは全てうつ病としてカテゴライズされる病気です。ですが、うつ状態とは細かい所が違ってきます。基本的に憂鬱になるのと、憂鬱なのは違うのです。うつ状態とは気分が憂鬱になっている状態を言います。辛いことや悲しいことがあると憂鬱な気分になるでしょう。これは誰でも経験するような当たり前の反応で、別に憂鬱な気分になったからといって問題はありません。むしろ正常な反応なのでチェックしておきましょう。気分が落ち込んでしまうと、身体を動かすのも面倒くさくなります。一時的に物事に対する興味や関心もなくなってしまうでしょう。こういった症状だけを見れば病気と殆ど変わりません。大きく違うところというと、症状の強さです。病気の場合は妄想状態に陥ります。妄想状態の陥ると現実より妄想を優先してしまうのです。その為、妄想が現実にも影響を及ぼします。考え方や行動が妄想に大きく影響されるでしょう。典型的な例を挙げると、自分が罪深い者であると考える罪業妄想や、心気妄想などです。病気の場合は妄想と現実の区別がつかなくなり、日常生活にも悪影響を及ぼしてしまいます。また、第三者から妄想が誤りだと指摘されても受け入れることができなくなるのです。うつ状態の場合は、妄想状態に陥ることは稀で、一時的な誤解や勘違いに留まります。例え勘違いや思い込みをしてしまっても、指摘をすれば間違いを正せる判断力があるのです。このような違いをしっかりとチェックしておくことで自分がうつ病なのかうつ状態なのかが判断できます。回復の傾向としてもうつ状態の場合はちょっとしたきっかけで回復することが出来ますが、うつ病の場合は自然に回復することは非常に稀です。回復が難しいのでチェックしておきましょう。