メンズ

うつ病はどのような病気なのかチェックすることが大切

治療について 

SOS

病気の治療方法は、病気によって様々です。近年社会的な問題となっているうつ病の治療にはとても時間がかかると言われています。万が一の時に備えて治療方法についてチェックしておきましょう。基本的にこの病気の治療には長い時間が必要となります。精神病は再発率が高いため、しっかりと時間をかけて治療する必要があるのです。うつ病の治療として、まず第一段階が急性期と呼ばれる期間になります。この期間は休養と薬物治療がメインになってくるのでチェックしておきましょう。ストレスをできるだけ軽減させるために休養はたっぷりと取る必要があります。会社や学校は完全に休む必要があるのです。また、薬物治療とて抗うつ剤による治療を行いますが、最初は少量を処方します。様子を見ながら量を増やしていくのです。基本的にこの抑うつ剤は副作用の方が先に強く出ることが多いと言われています。通常は1ヶ月から3ヶ月で症状が軽くなるでしょう。場合によっては半年程掛かる場合もあります。抑うつ剤の効果として不安や苛々の解消、憂鬱感が軽くなり日常生活に対する興味が湧いてくるでしょう。軽い家事くらいならこなせるようになり、日常生活を楽しめるようになってきます。抑うつ剤については処方する量は医師が決めるので、勝手に飲む量を変えてはいけません。また、回復期に入ると、症状が回復したり悪化したりを繰り返すのでチェックしておきましょう。回復と悪化を繰り返しながら徐々に症状を安定させていくのです。基本的に徐々に体力や気力も戻ってきますので、段々身体も動くようになってきます。そうすると希死念慮が現れるのでチェックしておきましょう。希死念慮とは平たく言うと死にたくなることで、突然自殺を図ったりします。十分に注意する必要があるのです。症状が安定したら再発予防期に入りますが、うつ病は再発率がとても高い病気なので予防が大切になってきます。症状が安定した後も薬物治療を続けるのです。一般的に1年から2年は薬物治療を続けます。この時、症状が安定してきたからといって薬の飲み忘れや、飲むのを止めてしまうのは危険です。すぐに症状が悪化してしまう原因にもなります。また、調子が悪くなり始めた時にどのような変化があるのか日頃からチェックしておくことがうつ病の再発予防では大切になります。